カートを見る

合計(0点) 0円

Madiran Château Montus 2007 Alain Brumont マディラン シャトー・モンテュス 2007 アラン・ブリュモン

販売価格(税込): 4,100

ポイント: 205 Pt

生産地方/南西
サイズ/750ml
主な品種/タナ
味わい/フルボディ
カートへ

商品説明

フランス南西地区を代表する名醸造家アラン・ブリュモン氏が手がけるワイン。土着品種であるタナ種を使用して世界トップレベルのワインが造られています。ワインは黒みを帯びた濃いガーネット色でブラックベリーやナツメグ、黒土、野趣のニュアンスがある複雑な香り。凝縮感と力強さがありながらなめらかさも感じられます。タンニン、スパイスと果実味との調和も良くバランスのとれた余韻。今後さらに発展していくポテンシャルを持っているワインです。

マディランの皇帝

マディラン シャトー・モンテュス 2007 アラン・ブリュモン
マディランはフランスで最も古いブドウの栽培地域の一つとされています。長年知名度の高いボルドーの影にあり、「安い南のワイン」という印象の強かったこのマディランを復活させたのが、「マディランの皇帝」と呼ばれるアラン・ブリュモン氏です。
「シャトー・モントゥス」「シャトー・ブスカッセ」を所有しており、これらの畑にはシュド・ウエストの代表的な品種であるタナはもちろんのこと、リースリング、シラー、ピノ・ノワールなどほとんどの品種のブドウが植えられています。

ブリュモン氏のワイン造りの哲学は、マディラン地方を世界的に知らしめること、そしてボルドーに引っ張られることなくワインの価格を安定したものにし、飲み手にとって幸せなワインを造ることです。ワイン造りにかける熱い情熱を感じていただけるワインです。

アラン・ブリュモンのワイン哲学

マディラン シャトー・モンテュス 2007 アラン・ブリュモン
ブリュモン氏はワインに関しては完璧主義者で、ブドウの樹の向きは日光がブドウに最高の条件であたるように決められています。葉にたくさん太陽の光が当たり光合成が最高の条件でできるように、朝夕はブドウに直接太陽が当たり、昼間はブドウに過剰な日の光を当てないように植えられています。

また、ブドウに夜露がつくのを嫌うブリュモン氏は収穫を夜に行います。ブドウが傷つかないよう細心の注意を払いながら、人間の手で一粒一粒摘み、全て同じサイズのブドウを選定し、収穫用バットにはブドウを重ねずに1段に並べます。大理石がひきつめられた城のような徹底的に清潔に保たれているセラーで約18ヶ月間ブドウを熟成させますが、そのセラー内は外気をシャットアウトさせ、炭で浄化させた空気だけでまわしています。
湿度に関してもわずか数%でも狂わないよう、完全にコンピューター管理されています。清潔で雑菌の入る隙間のないくらい完璧なセラーを作り上げています。